プロの鋭い眼光が良し悪しを見抜く|再建築不可物件を有効活用

積み木の家と人形

子育て時の物件

男の人

賃貸を選ぶ際には、子供のことを考えて間取りを選ぶことが大切である。特に適していると言われている間取りが3LDKで、収納スペースが十分な住宅を選ぶことがポイントである。また、ペット可能なところや学校区域も大切である。

詳しく見る

まとめて借りる

模型を持つ人

店舗を賃貸する際には、前の店舗状況を引き継いで借りることの可能な居抜き物件を賃貸してみても良いでしょう。また、店舗併用型の物件を賃貸することで生活費も削減できます。

詳しく見る

高級な物件

ファミリー

賃貸物件はデザイナーズマンションや高級マンションなどが増えてきています。以前は賃貸マンションといえば、学生やフリーター、サラリーマンやOLなどといった平均的な単身者向けの物件がほとんどでした。しかし、今はハイステイタスな生活をおくる人の為のラグジュアリーな賃貸マンションが増えているのです。 また、ウィークリーマンションやマンスリーマンションでも高級化が進んでいます。以前のように簡易的な作りのウィークリーマンションとは程遠い、ジム、プール、シネマルーム、ラウンジ、レストランなどを併設してあるマンションもあります。 部屋のクリーニングサービスやリネン交換サービスなどもあって、ホテルライクな賃貸生活ができる時代が来ています。

どんな賃貸マンションでも退去するときにはしっかりと手順を踏んで正当な手続きをしてから引越しをする必要があります。なんらかの事情でいきなり来週引越しをしなければならなくなった場合は、とりあえずいそいで大家さんに連絡をすることです。通常は退去告知期限というのがあり、引越しをする1ヵ月〜2ヵ月前には大家さんに知らせる必要があります。もしもうっかりして告知義務を怠った場合は、違約金として告知を怠った日数分の家賃が請求されることがあります。 しかし、事情によってはそうした違約金が取られない場合もあります。いずれにしても賃貸マンションから引越しをする時は、賃貸を借りる時よりも大変だということを覚えておくべきです。また再建築不可物件を売却して賃貸物件へと引越しを行なう場合は、こういった物件を積極的に取り扱っている会社に協力を依頼する必要があります。一般の不動産会社では再建築不可物件は売却しづらく、取引が成立しても物件を手放すのに時間がかかってしまうことが多いです。プロの鋭い眼光が良し悪しを見抜いてくれるでしょう。

物件の種類

つみき

賃貸物件は、グレードや対象によって内装、入居条件などが変化します。ファミリー向けの物件やシングル対象の物件、ペット可の物件などで確認すべき項目は異なるため注意する必要がある。

詳しく見る